暦と占い 秘められた数学的思考

暦と占い 秘められた数学的思考

【重要】 大文字版オンデマンドの表紙はこの画像とは異なります

上記の画像は文庫版(元本)のカバーです。本の内容をお伝えするために掲出しました。「大文字版オンデマンド」の表紙は、全点統一デザイン(こちら)。カバーはつきません。

■商品説明

一週間は7日、一年が12ヵ月、なんで?年・月・日から曜日や干支をはじき出す計算式とは? 一週間が5日の暦、どんなの?英語で1~6月は「神」、7,8月は歴史上の人物、9月から12月は数字、なぜ?十二支のイメージはどこから?「必ず仏滅になる日」がある?「史上いちばん短かった年」は?占星術の成り立ちはどこから?「〇座の生まれ」って、つまりどういうこと?――答えは本書で。(原本:『暦と占いの科学』新潮選書、1982年刊)

■著者

永田 久 著

この大文字版オンデマンドは書店では購入できません

¥ 2,332 (税・送料込)
うち送料¥ 0

在庫 在庫有り

閉じる

前へ 次へ